北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京秀水街

1291996800

北京秀水街案内

風景区分類:都市観光で同類風景区を検索

開放時間:午前9:30-21:00

入場券価格:なし

連絡方式:朝陽区秀水東街

ベストタイム:通年

苦情電話

交通案内:バス915番で東直門まで、そして東直門から永安里まで移動。東直門から永安里まで移動については、方案1は「1回の乗り換え」が必要、地下鉄内環線の東直門駅で乗って建国門駅で降りる。そして地下鉄1線(苹果園-四惠東)に乗り換え、その建国門駅で乗って永安里駅で降りる。全距離は約5.5km。方案2は「2回の乗り換え」が必要、先ず106番(東直門-北京南駅)バスの東直門駅で乗って、東直門内駅で降りる。地下鉄内環に乗り換え東直門駅で乗って建国門駅で降りる。最後は地下鉄1線(苹果園-四惠東)に乗り換え、建国門駅で乗って、永安里駅で降りる。全距離は約6km。方案3は「2回の乗り換え」が必要、24番(左家庄-北京站前街)バスの東直門駅で乗って、東直門内駅で降りる。そして地下鉄内環線に乗り換え、東直門駅で乗り建国門駅で降りる。最後は地下鉄1線(苹果園-四惠東)に乗り換え、建国門駅で乗って、永安里駅で降りる。全距離は約6km。方案4は「2回の乗り換え」が必要、先ず117番(红庙路口東-五路居)バスの東直門駅で乗って、東直門内駅で降りる。そして地下鉄内環線に乗り換え、東直門駅で乗り建国門駅で降りる。最後は地下鉄1線(苹果園-四惠東)に乗り換え、建国門駅で乗って、永安里駅で降りる。全距離は約6 km。方案5は「2回の乗り換え」が必要、まず107番(東直門-白石橋東)バスの東直門駅で乗って、東直門内駅で降りる。そして地下鉄内環に乗り換え、東直門駅で乗り建国門駅で降りる。最後は地下鉄1線(苹果園-四惠東)に乗り換え、建国門駅で乗って、永安里駅で降りる。全距離は約6.1km。方案6は「2回の乗り換え」が必要、まず123番(東直門-金五星百貨城)バスの東直門駅で乗って、東直門北駅で降りる。そして地下鉄内環線に乗り換え、東直門駅で乗り建国門駅で降りる。最後は地下鉄1線(苹果園-四惠東)に乗り換え、建国門駅で乗って、永安里駅で降りる。全距離は約6.1km。

観光スポット概要

世界に名がお知らせる中国唯一の有名な市場であり、世界旅行地図に入れられている。外国観光客にして見れば、長城と故宮と北京ダックと同じ有名なのは——秀水街である。改革開放のシルクで織った清明上河図である。20年ぐらい前は将来に希望を持っていた若者たちが北京秀水街で簡単な店舗を作り、大使館地区に隣接するという有利な位置を利用し、シルクと外国向けの服装を経営する。この時は、できたところであるが、その上品さは既にできて、知られていて、愛顧者が増えた。このため、対応能力が足らなくなった。秀水街がとても有名になり、顧客が集中するので対応ができなくなった。秀水街は休憩して更に強くすることが必要なので、新秀水街が誕生した。新秀水街の紹介北京の地下鉄1号線の永安里駅で降りたら秀水街に着く。多くの世界レベルの地図に表示された中国商品市場は、「中国唯一世界有名市場」と称されたことがある。「長城を登り、故宮を遊覧、北京ダックを食べ、秀水街をぶらつき」ということで北京秀水街は長城、故宮、北京ダックという「北京象徴」と同じ多くの海内外観光客が北京旅行の一つの目標である。1980年に設立された秀水街市場は最初、わずか数軒の商舗しかなく、大使館と外交マンションの間に点散していった。当時はその付近に住宅がすくないので消費市場が期待されていなかった。誰も予想できなかったが、十数年後、海外顧客が観光・買物の場所として愛顧する「民間貿易センター」となり、更に経済学者から「改革開放の剪みで裁断された21世紀の清明上河図」と称される。新デザインの商品、独特な地理位置、「値きる」できる経営方式、多くの「方言」での交流で、要するに秀水街は交替できない地位ができ、ブランドとファッション、色々な文化の融合である。2005年1月6日に古い「秀水市場」は経営をやめて整理を行った。3月19日に新しい「秀水街」は正式的に開業した。旧「秀水市場」の露天経営環境と別れ、ビルの中で「秀水」の神話が続いている。新「秀水街」は実に百貨ビルであり、建築面積は28000㎡、1500売り場があり、経営者のために風雨を遮る。商家が英語を操り、計算器を打って外国の顧客と値切る。露天店舗の車馬が盛んに往来する光景がないけれども、「顧客雲集、賑やか」の気勢がある。「新秀水」は古い市場のショッピング街の形式を保ちながら、特徴ある商品が増えた。買物時間を長くした。中外に有名な「シルク街」は依然としてきちんと残ってきた。5㎡弱の細工物売り場であるが、毎日多くの収入をもたらす。多くの外国貴賓が奥様を連れてわざわざ「秀水」の風貌を見る。過去は秀水が高品質のブランド偽物品として海内外の顧客を引き付ける。現在の秀水は変わっていて、「文化秀水、ファッション秀水、ブランド秀水、革新秀水」というの新「秀水街」のイメージを作っている。新「秀水街」の「精品走廊」で本物ブランドの服装を買う事ができ、デザインが新しい外国向け商品を見つかる事ができる。また、新「秀水街」は中国老舗の密度が最高の市場となり、ここでは全聚德、瑞蚨祥、同仁堂、谦祥益、内聯昇、盛錫福がある。ブランド服装、細工物、真珠・トルク、骨董品等の特徴ある中国製品から北京ダック店、西洋式喫茶店及びファストフーズと便利的スーパーまでは全部揃っている。これは北京の「秀水街」である。

北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2020 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved