北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

北京毛主席記念館

1330444800

中華人民共和国建国の父といわれ、1976年の没後も国民の間に深い畏敬の念を抱かせる毛沢東主席の遺体が安置されているのがここ毛主席記念堂で、天安門の南側正面にある。華国峰により2億元(当時約300億円)の巨費を投じて建設されたこの記念堂は、毛沢東逝去の1年後の1977年9月、のべ70万人の労働奉仕により落成した。

建物は、各辺105mの正方形で高さ33mある。中国の代表的現代建築のひとつであり、花崗岩の柱や台座、大理石の手すりなどが美しい。一階正面の北大庁には赤いじゅうたんが敷かれて、漢白玉石で作られた高さ3.54メートルの毛沢東像がある。その奥の瞻仰庁には中国の国旗五星紅旗に包まれた毛主席の遺体が水晶の棺に安置されている。遺体はうっすら化粧され赤みのあるライトで照らされているので、まるで眠っているような安らかな感じだ。

毛沢東は1893年12月26日、湖南省韶山に生まれ、享年84歳。1921年、28歳で中国共産党創設に参加、1935年、42歳で赤軍とともに長征開始、延安を根拠地に抗日戦争、国共内戦を指導し、1949年、56歳で国民党を撃破して全国統一、中華人民共和国主席に選出された。1959年、66歳で国家主席を辞任、1966年、73歳で文化大革命を発動。

アドバイス:

遺体の写真撮影は禁止されている。記念堂へ入館の際には脱帽しなくてはならず、見学中は立ち止まることはできない。鞄、手荷物は持ち込み禁止。荷物預かり所に預けて見学する。

住所:東城区前門東大街11号

電話:010-65132277

開放時間:午前8:30‐11:30午後14:00‐16:00

入館料:無料

アクセス:バス1、4、52路線を天安門下車

北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved