北京新文化運動記念館

print

北大といえば、清華大学、上海の復旦大学とともに、中国最難関の大学。円明園の南、中関村の一画を占める広大なキャンパスは、多くの人を引きつけている。その北大の発祥地となった建物が今も残り、北京新文化運動記念館として一般公開されている。

天安門広場側から故宮に入り、北門を出ると景山公園、北海公園の散策路になる。この道を東の方へ歩くこと10分、赤いレンガ色の4階建ての建物が見えてくる。通りの名は「五四大街」。歴史に名が残る「五四運動」にちなんでつけられた名前。これは第1次世界大戦後に結ばれたベルサイユ講和条約に対し、1919年5月4日、学生たちが天安門広場で反対運動に立ち上がったことによる。この「五四運動」は青年たちの愛国運動として、中国では重要な教育の柱になっている。

もう少し歴史をさかのぼれば、1910年代に「新文化運動」という文化啓蒙運動がおきた。科学や民主の重視、文学改革など当時の遅れた社会に反旗をひるがえすものだった。陳独秀、魯迅、周作人といった人たちがリーダーに名を連ね、『新青年』などの雑誌の創刊も相次いだ。

その運動の拠点となったのが、この記念館である。北大は1898年の清代に京師大学堂として設けられた。1912年に国立北京大学となり、建物は「紅楼」、つまり赤いビルと呼ばれた。「紅楼」は文学系の授業の使われ、学生の宿舎もこの中にあった。北京の地図には、いまなお「紅楼」と表示されているものもあるが、記念館として一般公開が始まったのは2002年4月からだ。

中は新文化運動や五四運動の紹介、創刊された雑誌の展示室などがある。当時の教室はそのままで、黒板や椅子も残っている。北大の学生ばかりでなく、いわばもぐりの聴講生も数多くいて、学問への熱意に押されて学校側も大目に見ていたようだ。

ここで、毛沢東主席がアルバイトをしていた時代がある。受付係で、彼が座っていた横長の黒い机もそのまま。貧乏学生だった毛沢東主席の当時の給料は8元だった。経済の発展にばかり目が向けられがちだが、副館長の郭俊英さんは、「文化や歴史にも関心を向けなければならない」という。

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved