北京市文化観光局が管理・運営する非営利的なウェブサイト

馮小剛(フォン・シャオガン)監督

1354464000

馮小剛(フォン・シャオガン)監督は、大陸でお正月映画の第一人者と呼ばれている。

お正月映画は中国語で "賀歳片"と書き、新年を祝う映画という意味である。上映時期を年末年始に合わせ、コメディやめでたい内容など家族連れで楽しめるようなものが主流である。年末年始は映画市場の書き入れ時とも言われているため、毎年12月になると、たくさんのお正月映画による熱戦が繰り広げられる。もともと、こういったコンセプトを映画界に導入したのは香港であったが、近年は大陸にも定着した。

1997年、大陸初のお正月映画『甲方乙方』が上映された。この作品で、馮小剛(フォン・シャオガン)の名前は全国的に知られ、お正月映画というコンセプトも人々に受け入れられた。以降、馮小剛(フォン・シャオガン)は、ほぼ毎年1本ずつお正月映画を撮ってきた。『不見不散(遥かな想い チャイニーズ・ドリーム in U.S.A.)』『没完没了』『大腕』『手機』『天下無賊(イノセントワールド -天下無賊-)』など、数々の名作が挙げられる。

【主な監督作品】

1990年『遭遇激情』

1992年『大撒把』

1994年『天生胆小』

1997年『甲方乙方』

1998年『不見不散(遥かな想い チャイニーズ・ドリーム in U.S.A.)』

1999年『没完没了』

2000年『一声嘆息』

2001年『大腕』

2003年『手機』

2004年『天下無賊(イノセントワールド -天下無賊-)』

2006年『夜宴(女帝ーエンペラー)」

2007年『集結号(アセンブリー)』

2008年 『非誠勿擾』

2010年『唐山大地震』

2010年『非誠勿擾2』

2012年『一九四二(Back to 1942)』

北京旅游网

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved