魯迅博物館

print

魯迅博物館は北京市西城区阜成門内大街宮門口二条19号に位置していて、1956年10月19日から一般公開となった。ここは元々魯迅の旧居で、中国人は中華民族の思想文化巨人である魯迅先生を記念し、この社会科学類人物博物館が建設された。現在は司局級の公益的な事業単位で、国家文物局に属する。ここは中央国家機関思想教育基地と北京市愛国主義教育基地にもなっている。

1924年5月から1926年8月にかけて、魯迅はここで「華蓋集」、「華蓋集続編」、「野草」などの名作を書いた。1956年に魯迅旧居の東側に魯迅博物館を建て、1994年に新館を改造した。同博物館では大量の手稿、写真、手紙などを通して、魯迅先生の一生を紹介している。

住所:北京市西城区阜成門内大街宮門口二条19号

アクセス:アクセス二号線に乗り、阜成門駅のB出口から出る。またはバス13、42、61、101、102、103、121、409、423、456、490、603、604、685、714、814、823、850路に乗り、阜成門北駅で下車。

電話: 010-66156549

開放時間:9:00~16:00

休日:月曜日

郵便番号:100034

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved