BBCウェールズ交響楽団の史上初の中国系首席指揮者に中国出身の張弦

print

英国放送協会(BBC)の報道によると、中国出身の女性指揮者・張弦さんがこのほど、BBC傘下のオーケストラ・BBCウェールズ交響楽団の首席客演指揮者として招聘された。参考消息網が報じた。 BBCの公式サイトが2日、張さんの招聘を公表。BBC傘下の5交響楽団に、中国系の指揮者が招聘されるのはこれが初めて。

張さんは3年契約。BBCウェールズ交響楽団が各地で開催するコンサートや毎年夏開催される、8週間におよぶ一連のクラシック音楽コンサート・シリーズ・BBCプロムスなどで、12回指揮する。

同楽団と提携して2年になる張さんは、「演奏を心から愛する、すばらしい人達」と、楽団を絶賛している。

同楽団のマイケル・ガーヴェイディレクターは、「張さんの以前のBBCプロムスにおける指揮は、エネルギッシュかつ繊細で、バランスが取れていた。この人しか務まらないと感じた」と高い評価を語った。

「人民網日本語版」

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved