中国製品・グルメが韓国の若者に大人気 「中流」が趨勢をリード

print

中国大陸部の製品は、コストパフォーマンスが極めて高いことから、多くの韓国の若者の間で非常に人気が高い。20歳から39歳の消費主流層による中国大陸部の製品・文化の消費規模は次第に拡大、いわゆる「中流」を形成している。韓国「中央日報(電子版)」の報道を引用して参考消息網が伝えた。

例えば、ある韓国の若者は、それまで手にしていた自国メーカーであるLGやサムスン製のスマホを手放し、韓国のネット上で「コスパが抜群」と好評を得ている中国華為製Huawei P9に乗り換えた。

週末になると、シャオミー製二輪パーソナルモビリティに乗る、モバイルゲーム「三国志曹操伝」で遊ぶ、あるいはテレビドラマ「武神趙子龍」を原作としたスマホゲームを遊ぶ。そして、友人と会って火鍋を囲み、四川麻辣烫(マーラータン)や新疆羊肉串(羊肉の串焼き)に舌鼓を打つ。このように、至る所どこにでも、中国大陸部の消費文化関連の商品がある。

「人民網日本語版」2016年12月20日

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved