長城の八不思議は何だろうか?

print

長城はいくつかの段に分かれている。多くの人は長城と聞くと、有名な八達嶺長城を思い浮かべるが、これは明代長城の要害の地の一つに過ぎない。実際には、中国史上のさまざまな時代に長城が建造されたが、その中でも明代に築かれた長城は保存状態が比較的良好である一方、他の時代に建造された長城は一部が廃墟として残っているにすぎない。

長城の一部には、多くの落書きがある。このような良からぬ行為によって、長城は観光客による破壊が最も深刻な建造物・遺跡の一つとなってしまった。2014年、関係当局が長城の一部に観光客のための「落書き専用ボード」を設置した。さらには、「落書き専用電子ボード」の設置も検討したという。

ちなみに、月からは長城を眺めることができない。かつて、米国の宇宙飛行士ウィリアム・ポーグ氏が、「宇宙ステーションから長城が見えた」と話した時、多くの人はそれが真実だと信じた。だが、彼が見たのは、実は中国の大運河だった。

スペインにも「長城」がある。スペインにある「長城」とは「ルーゴのローマ城壁」のことだ。この城壁はスペインの古都ルーゴにあり、2000年に世界文化遺産に登録された。

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved