『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

print

国・地域別、年代順で外国文学を紹介する叢書『当代外国文学紀事(1980-2000)』の出版発表会および学術セミナーが5日、北京外国語大学で行われました。

国・地域別で外国文学を百科事典の形で紹介するのは、中国では初の試みだということです。全10巻構成で、総字数は1000万字。20世紀最後の20年を取り上げ、米、英、仏、露、西、日本およびドイツ語圏、ラテンアメリカなど10の国と地域の文学発展の歩みを整理し、多様な視点からそのトレンドと基本状況を紹介しています。北京外国語大学をはじめとする中国の主要外国語大学の教師と学生100人余りが、10年間かけて完成させたものです。

いずれの巻も本文、総合評価、付録、索引の四部構成で、小説、詩歌、演劇など様々なタイプの作品を解読する内容が収録されています。年表や索引があることで、利用しやすい「手引き書」になっています。

シンポジウムに出席した専門家たちは、この叢書はその構成、編集理念、内容のいずれにおいても創意工夫に富み、中国の外国文学研究における一里塚の意義を持つ書物だとして高く評価しています。

北京外国語大学王佐良外国文学高等研究院院長で、『当代外国文学紀事』編集長の金莉教授は席上、「この叢書は、1980年から2000年までの世界の文学の創作と研究に関する基本情報を収録しており、中国の外国文学に関する基礎研究を促す役割が期待される」と話しました。

また、同大学英語学部の張中載教授は「1980年代から、美意識や文化の好みに世界規模で変化が生じている。このプロセスをありのままに記録している」と叢書の特徴を紹介しています。

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved