厳しい冬に健康を保つ方法は何か?

print

寒い冬に、健康を保つ方法は何か?それでは、冬に健康の養成方法をご紹介。

1:十分な睡眠

冬は早寝早起きをして、十分な睡眠を確保することで、陽気を養い、陰津(陰は精神的落ち着き、安定 、津は身体に必要な体液)を貯めることができると言われている。

2、足のコンディションを保つ

足を健康な状態に保つのが冬の健康の秘訣である。毎日、足湯をし、マッサージをしたりツボを刺激したりするとよい。また、毎日30分以上歩いて、両足を動かすと良い。さらに、朝晩に土踏まずをマッサージすると、血液の循環が良くなる。

3、運動で気持ちの調整

寒い冬になると、気分が優れないことも多くなる。そのような時は、自分の状況に合わせて、ジョギングやスケート、ダンス、バトミントンなど、それほど激しくない運動をすると良い。運動は、気持ちを調整する「良薬」であるからだ。

4.十分な水分補給

冬になると、汗や尿の量が減るが、脳や体の各器官の細胞が正常に働くためにはやはり水分が必要である。冬の間も1日に2-3リットルの水分を補給しなければならないである。

5、少し汗をかく運動

冬の間も健康な体を保つためには、適度に運動し、汗を流さなければならない。運動する場合、激しい運動と静かな運動を組み合わせるのが良い。マラソンと体操を組み合わせる場合、少し汗をかく程度が良い。汗をかき過ぎると、陽気(体を温める作用がある気)にマイナスの影響を及ぼす。

「人民網日本語版」より

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved