韓寒の新作映画、春節初日に公開へ

print

中国の有名作家、韓寒(ハン・ハン)がメガホンを取る新作映画「乗風破浪」が、今月28日(旧暦1月1日)に上映されることになった。本作は韓寒監督による第2作品目となる映画で、1作目の「後会無期(Continent)」とはまったく異なった作風で、ユーモアなシーンも含まれているという。また■超(ダン・チャオ、■は登におおざと)、彭于晏(エディ・ポン)、趙麗穎(チャオ・リーイン)、董子健(トン・ ツージエン)などそうそうたる顔ぶれで、ネットユーザーたちも今から期待を寄せている。国際在線が伝えた。

本作はレーサーの阿浪が父に実力を証明しようとするなかで、奇妙な冒険に巻き込まれるというストーリー。春節には「西游伏妖篇」や「大鬧天竺」など十数作品が一挙上映されるため、興行収入やクチコミなどで熾烈な戦いとなる見込みだが、韓寒監督は、十数作品というライバルの数は多くなく「映画はレースとは違う。レースはチャンピオンが一人しか誕生しないが、映画は全員で勝つことができる。私たちはこの映画に自信を持っている」と述べた。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年1月13日

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved