春節旅行 天壇公園へ

print

東城区の正陽門外、永定門内大街の東側にある。皇帝が、文字通り天に五穀豊穣を祈る場所であった。明の永楽18年(1420)の築造で、初めは天地壇といったが、嘉靖9年(1530)に四郊分祀の制度が定められ、「月壇」「日壇」「地壇」が建設されたため、天壇と改称し、清の乾隆・光緒両年に改修を行った。全体の構成は、天円地方(天は丸く、地は四角い)という思想に基づき、北側を丸く、南側を四角く造ってある。

朝早くに訪れる天壇公園は少し寒気がする。公園内をカメラを手にきれいな景色を撮ることに。芝生には霜が降り、古い建物と樹木と重なり合って非常に美しい景観になっていた。

チケット代:15元

住所:北京市東城区天壇路

開放時間:6:00~22:30

アクセス:5号の地下鉄に乗り、天壇の東門駅で降りる。あるいはバス6、15、17、20、35、36、39、106、120、122、803、814、54路線、電車106、116路線も到着できる。

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved