「動く財布」の中国人観光客 タイ、日本、韓国の「お得意様」に

print

    旅行サイト・携程旅游グループが11日に発表した「2016年中国人観光消費報告」のオンラインで旅行を予約している人の支出統計を見ると、中国では海外旅行が一層人気になっていることが分かる。携程旅游の統計によると、16年、旅行支出総額の65%を海外旅行が占め、中国国内旅行は35%だった。

    「動く財布」と呼ばれている中国人観光客は、どの国で最も多くお金を落としているのだろう?携程網は海外旅行予約データに基づいて、16年、中国人観光客の観光消費が最も多かった10ヶ国をまとめており、上から順に、タイ、日本、韓国、米国、モルディブ、インドネシア、シンガポール、オーストラリア、イタリア、マレーシアだった。都市別に見ると、中国人観光客の観光支出が最多だった10都市は上から順に、ソウル、バンコク、東京、大阪、シンガポール、チェンマイ、ロンドン、モスクワ、ニューヨーク、ローマ、シドニーだった。

    17年、中国人観光客の観光支出はさらなる高みに達すると予測されている。中国国家旅游(観光)局の統計では、中国で国内旅行、海外旅行に出かける人の数は17年通年で延べ50億人に達すると予測されている。うち、中国国内旅行が延べ48億8000万人、海外旅行が延べ1億2300万人。また、中国人の旅行支出総額も初めて5兆円(約85兆円)を突破する可能性もあるという。(編集KN)

    「人民網日本語版」2016年1月13日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved