「悟空杯」中日漫画コンテスト2016の授賞式が北京で開催

print

    「悟空杯」中日漫画コンテスト2016の授賞式が1月17日午後1時30分から3時30分にかけて、北京市内の中国外文局文化創意広場で行われた。

    中国外文局の方正輝副局長、中国国際青年交流センターの洪桂梅副主任、在中国日本国大使館の横井理夫参事官、人民中国雑誌社の王衆一編集長、日本文化センターの野口裕子副所長、中日友好協会の王占起副秘書長、中国外文局デジタルメディアセンターの閔令超副主任、漫画島の劉慧敏総裁、可米酷(コミクール)漫画著作権ビジネス総監の姚虹氏、日本の滋慶学園COMグループ国際交流COM代表の中川由加里氏、日本の著名漫画家の大塚英志氏、有妖気の董志凌総裁、ベテラン漫画家の姚非拉氏ら、中日の多数の企業・機関の指導者及び両国の漫画界著名人が出席した。また、1万元以上の賞金を獲得した中日両国の受賞者6人にトフィーと賞状が授与された。

    「悟空杯」中日漫画コンテスト2016は中国外文出版発行事業局が主催し、中国国際青年交流センター、人民中国雑誌社、中国外文局デジタルメディアセンター、漫画島漫画、可米酷漫画、日本の滋慶学園COMグループ国際交流COM、暁星プランニングなどが共同で開催し、中国人民対外友好協会、北京日本文化センターなどから支援を得た。コンテストは、現代漫画を創作する中日両国の青年に相手国の読者に自分の作品を紹介する場を与え、文化交流の道を切り開き、両国の愛好者間の相互理解を深め、参考にできることを目的としている。また、両国の漫画・アニメ企業の提携を通して、潜在力のある青年漫画家に相手国での発展の機会を与えるという狙いもある。

    「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年1月18日

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved