北京の伝統料理(3)ジャージャンメン

print

炸醤麺は漢族の麺料理で、北京などの地域でよく見かける家庭料理だ。トッピングの野菜や肉味噌を麺の上にかけて食べる。キュウリの千切り、茹でたチャンチン、もやし、枝豆、大豆をトッピング野菜として準備する。次に、豚のひき肉に、ネギ・しょうがを入れて炒め、豆味噌を加えて更に炒めると「炸醤」と呼ばれる肉味噌が出来上がる。茹で上がった麺に、「炸醤」をかけ、トッピングの野菜をのせれば、炸醤麺の出来上がりだ。

「人民網日本語版」

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved