北京ダックを食べると心臓病による死亡率が低下

print

北京ダックは単なる御馳走ではなく、食べた人の身体にさらなる健康がもたらされるという。これには確かな科学的根拠がある。英国メディアが伝えた。

研究者はこのほど、北京ダックの皮表面に塗る色付け用の紅曲米(紅麹の一種)が、心臓病による死亡率を3割減少させることを発見した。この研究報告は、「米国心臓病学雑誌(American Journal of Cardiology)に掲載された。研究者は紅曲米の効果が抗コレステロール薬として高く評価されている「スタチン」より高いと見ており、今回の発見が、心臓病の改善に一明の光をもたらすことが期待される。

紅曲は中国で1千年以上にわたり食品防腐剤・色素・調味料として用いられてきた。薬としても1千年の歴史があり、血液循環の改善や消化促進などの効能を持つ。紅曲菌を米に混ぜて発酵させると紅曲米が出来上がる。心臓病は今や、世界各地で人々の健康を損なう重大な疾病となっている。治療方法としては、「スタチン」を処方して、患者の動脈への脂肪の蓄積を防ぐのが一般的な方法だ。しかし、医師は、紅曲米を食べすぎると肝臓を損なう恐れがあり、自分で薬として勝手に服用せず、心臓病患者は医者に相談してから服用するよう警告している。

「人民網日本語版」

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved