乾隆帝が設計した「商店街」・頤和園の中の蘇州街

print

清代の皇室の離宮・頤和園の後湖中央の両岸には、水際に多くの商店が建ち並んでいるが、それは乾隆帝が江南水郷の風景を模して、設計したものである。当時、皇帝と皇后はよくここで舟遊びをした。商店の店員は、宦官たちが扮した。そのため、ここは「売買街」または「蘇州街」と称された。(中華網)

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved