シェア自転車の駐輪エリアが北京市石景山区に登場

print

このほど「石景山区×摩拜単車」と地面に書かれたシェア自転車用の推薦駐輪エリアが北京市石景山区に登場した。シェア自転車を駐輪エリア内に集中させ、秩序を守って駐輪させることで、シェア自転車の無秩序な駐輪問題を効果的に緩和させることが目的だ。新華社が伝えた。

現在、同区の市中心エリアにはすでに100ヶ所以上の推薦駐輪エリアが設けられ、石景山路、銀河大街、魯谷大街といったエリアに集中しており、同区の通り8本の主要ポイントを全てカバーしている。(編集TG)

「人民網日本語版」2017年3月18日

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved