玉淵潭公園で早咲きのコヒガンザクラ開花  北京

print

北京市の玉淵潭公園の約2400株の桜が徐々に見頃を迎えている。今年の春は、例年と比べ気温が高いため、同園が自主栽培している杭州コヒガンザクラは12日の時点で開花していた。例年よりも10日以上早まっており、2002年以降で最も早い開花となっている。中国新聞網が伝えた。(編集TK)

「人民網日本語版」

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved