清華大学卒業生の北京に残る比率が4年連続で50%以下に

print

清華大学2017年度卒業生の就職説明会が同大学の総合体育館で16日に行われた。清華大学学生職業発展指導センターの林成涛主任によると、卒業生の就職エリアの選択において、北京に残る人数が年々下降しており、4年連続で50%以下になっているとした。中国青年報が伝えた。

同就職説明会には、中国工程物理研究院や哈爾濱電気集団、啓迪控股股フン有限公司(フンはにんべんに分)などの中国全国21省(区及び市)から企業255社が集まり、3万件以上のポストを提供したということだ。

林主任は2016年度の同大学卒業生の就職率は引き続き高く、その質も向上し続けているという。

また「清華大学卒業生の就職率は98.5%となっており、高い就職率を実現している。また就職エリアの分布をよりバランスよく、最適化させている。また卒業生のうち、220人ほどは自ら進んで末端の公的部門への就職を決めている。『選調生』(地方政府の党組織が各地のエリート大学で選抜した幹部候補生)を展開してきたこの8年間の間に、同大学は卒業生約1200人を末端の公的部門に直接送り込んでいる」とした。(編集TG)

「人民網日本語版」2017年3月18日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved