密雲古北水鎮

print

北京市密雲県にある古北水鎮は、景色が美しい司馬台長城を背景に、北京郊外では珍しい、山と水の融合した場所です。北京市内や首都国際空港から車で1時間半ほど。もともとの3つの村をそのまま保存し、改築したもので、「山地合院」建築が43万平方メートル、総敷地面積も9平方キロにわたっています。

千年の歴史を持つ古北水鎮には、ホテルや民宿のほか、5つ星レベルホテルも2軒あります。そのほか、銀行、郵便局、市場、スーパー、薬局、本屋など、日常生活に必要な施設もあり、国内で面積が最も大きい観光サービスセンターもあります。長城の麓、地元の風情を体験するのはいかがでしょうか!

秦皇島翡翠島

「京東大砂漠」と呼ばれる翡翠島。中国で7つある国家レベル海洋自然保護区の一つで、河北省秦皇島市昌黎県黄金海岸南部にあります。翡翠島は東、北、西の三方向から渤海と七里海に囲まれ、黄色の細砂と緑の植物からなる半島です。起伏する砂丘は連綿としていて、最も高い所は44mにもあります。

翡翠島は"鳥の国"とも言えます。国家重点保護のズグロカモメを含め68種の鳥類が棲んでいます。また、珍しいナメクジウオがここに生息しています。

延慶千家店鎮

北京市延慶県の東北部にある千家店鎮。北京市で最も山々が望める大きな鎮です。総面積371平方キロで、延慶県総面積の6分の1を占め、森林カバー率は63%。豊かな鉱産資源を持っています。

公園として、「木化石中心区」、「滴水壷」、「烏龍峡谷」、「燕山天池」、「雲龍山」という5つの風景区があります。レジャー、釣り、バーベキューなどもできる観光地となっています。また、「三道梁」、「龍湾大院」などの民俗村も大人気です!

中国国際放送局


北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved