第7回北京国際映画祭ドキュメンタリー部門の受賞作品発表

print

第7回北京国際映画祭ドキュメンタリー部門の受賞作品が18日に発表され、「アイボリー・ゲーム」、「生門(This Is Life)」、「本草中国(The Tale Of Chinese Medicine)」、「中国梵高(China's Van Goghs)」、「新疆(Xinjiang)」の5作が受賞した。中央テレビ網が伝えた。

そのなかでオーストリアの「アイボリー・ゲーム」が最優秀海外長編ドキュメンタリー賞を獲得。同作品では違法な象牙取引を行う密猟者を追跡し、16ヶ月かけて一部潜入取材も含めた撮影が行われた。アフリカゾウが絶滅の危機に瀕している現状を通して、違法な象牙密売ネットワークに潜む闇と危険性、さらには中国、米国、アフリカ各国政府と民間人による象牙取引撲滅に関する努力やその大きな成果を描いている。(編集YK)

「人民網日本語版」2017年4月20日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved