中国人の平均読書量、昨年は7.86冊に

print

第14回全国国民閲読調査データが18日午前、北京市で正式に発表された。データによると、2016年の中国人の平均読書量は7.86冊で、成人の各読書ツールの総合読書率は7.9%。デジタル化読書をしている成人の9割弱が49歳以下。紙メディアによる読書は依然として、国民の過半数の読書方法となっている。

成人の微信(WeChat)による閲覧時間は1日平均26分で、デジタル化メディアの読書形式の普及率は8年連続で上昇している。2016年には73.8%の成人がネットを利用しており、なかでも携帯電話でネット接続する割合が大幅に上昇している。2016年の携帯電話閲読者による平均課金率は16.95元(1元は約15.78円)で、2015年より増加。伝統的なメディアのうち、紙の書籍と新聞の読書時間がそれぞれ減少している。このほかに、成人の4割以上が自分の読書量が足りないと感じている。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年4月20日

瀋陽市の氷屋火鍋レストラン 市民人気

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved