科学技術の力、北京のゴミ処理を改善

print

高速鉄道駅に似た大型建築物が北京市門頭溝区南東部の山中にある。その建物の緑色の外観は、初春の山林に美しく映えていた。入口のディスプレイには現地のリアルタイムのPM2.5濃度が「22」と示されていた。このようにゆったりと静かな場所が実は1日あたり北京市の生活ゴミの6分の1を処理することができる大型ゴミ焼却場であるとはなかなか信じられないだろう。中国青年報が伝えた。

ここは北京魯家山循環経済基地。ここでは毎年100万トンのゴミを焼却でき、それにより発生する電力は、20万世帯の需要を満たし、冬には住宅100万平方メートルに暖房を供給することができる。

北京のゴミ焼却処理率、2020年には70%に

北京都市管理委員会環境保護施設所の林晋文所長は取材に対して「現在、北京市では1日あたり2万トン以上のゴミが発生する。同市には魯家山を含む3つのゴミ焼却場があり、毎日9800トンを焼却できる。これはゴミ全体の43%を占める。2020年までに北京のゴミ焼却処理率は70%になり、焼却可能なゴミの埋め立てをゼロにしていく計画だ」と話した。

ゴミを園林の緑化肥料、建築用レンガにし、さらには発電や暖房供給に用いる。これを支えるのは、科学技術の力だ。取材のため、ゴミ処理場1・2号線の操作室に入ると、3人のロボットアームオペレーターが緊張しながら作業中だった。密閉ガラスを通して、深さ35メートル、縦58メートル、横27メートルの巨大な槽が見える。大型ロボットアームはゴミを1度で10トンもつかむことができる。この巨大な槽には、4万トンのゴミが入る。生活ゴミはこの槽の中で7日間発酵させたあと、焼却炉に入れて焼却し、発電に用いられる。

ゴミ分別は、焼却効率を上げるため

ゴミ焼却の効果は、ゴミの成分と大きく関係している。魯家山のゴミは、北京市の複数の区の中継所から運ばれてきたもので、すでに機械による分別と事前処理が施されている。

魯家山循環経済基地の投資・運営責任者の賈延明氏は「最初の段階できちんと分別されていれば、焼却の効果が高くなる。もしゴミの中に大きな建設ゴミなどが含まれていた場合、設備の故障をまねき、稼働に影響が及ぶ」とした。

ゴミ中継所は分別の任務を担っている。北京馬家楼生活ゴミ中継所は、ドイツ政府から寄贈されたもので、1998年に稼働開始。中国初の大型自動化ゴミ分別設備を持つ。この生産ラインは現在、完全に国産化している。

同中継所の劉凱所長は「北京環衛集団のゴミ収集車は各団地から収集したゴミをここに運び、分別を行う。ローラー、磁力、風力による分別といった自動処理を経て、燃えるゴミ、有機ゴミ、プラスチック、鉄に分別される」と話した。

ゴミ焼却には常に反対の声がつきまとう。清華大学固形廃棄物処理・環境安全国家重点実験室の劉建国副主任は「世界でゴミ処理が最も優れている国は、焼却の比率が高い国でもある。例えば日本は焼却の比率が最も高い国で、ドイツも高い。しかしこれらの国は、ゴミ分別も徹底している。分別は焼却しないためではなく、焼却の効果を高め汚染を防止するためだ」と指摘した。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年4月21日

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved