第7回フランス中国映画祭が5月15日に開催 11作が上映

print

フランス中国映画祭の組織委員会は19日にパリで、第7回フランス中国映画祭が5月15日にパリのゴーモン・マリナン劇場で開幕し、代表的な中国映画11本が上映されることを明らかにした。新華社が報じた。

上映されるのは、「北京遇上西雅図之不二情書(Book of love)」、「危城(Call of Heroes)」「火鍋英雄(Chongqing Hotpot)」、「長江図(Crosscurrent)」、「西游伏妖篇(Journey to the West: The Demons Strike Back)」、「喊•山(Mountain Cry)」、「不成問題的問題(MR.NO PROBLEM)」、「■公河行動(■はさんずいに眉、Operation Mekong)」、「羅曼蒂克消亡史(The Wasted Times)」、「我不是潘金蓮(I Am Not Madame Bovary)」とアニメーション映画「大魚海棠(Big Fish & Begonia)」。

映画祭のアート顧問のノエル•ガリーノ氏によると、これら11本の作品は、アクション、アドベンチャー、コメディ、ラブストーリー、ファンタジー、アニメなどのジャンルをカバーしており、中国の映画製作を代表する最高レベルの作品。うち、4本は興行収入ランキングにも名を連ねている。

同映画祭組織員会の中国側主席で、パリ中国文化センターのセンター長を務める厳振全氏は、「フランスは現在、中国映画にとって重要な海外市場。一人でも多くのフランスの人が映画祭を通して中国映画に触れ、それを受け入れ、映画を通して変化する中国や中国人の考え方を理解してほしい」と語っている。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月21日

伝統の趣と西洋の優雅さのコラボ「名瑞ウエディングドレスショー」 北京

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved