2017年北京国際観光博覧会 盛大に開催

print

一、BITEの紹介

北京国際旅行博覧会は、「BITE」と略称され、2004年に発足して以降、毎年開催されています。北京市観光発展委員会が主催し、北京瑞来森会展サービス株式会社が引き受ける国際的な観光展覧会です。

展覧会は「交流、強力、発展、ウィンウィン」をテーマとし、集中的に国内外の旅行のイメージを展示し、人気の観光資源を宣伝し、強力な観光ブランドを育成する。展示、情報交流、商談、製品販売などの環境を通し、国内外観光企業の交流と協力を促し、産業レベルを高め、観光貿易を強め、国内外観光の発展を推進できる国際交流プラットフォームを構築します。13年を経て、BITEはすでに国内外における観光展覧会の中で、強い専門性、広い参加分野、大きな影響力、明確な有効性を持つハイレベルの展覧会となっています。国内外の観光業界からの称賛を受け、アジア太平洋地域での観光製品と観光資源の普及、企業ブランドの向上及び商談にとって最も重要な観光博覧会の一つとなりました。


二、2017年展覧会の時期

2017年北京国際観光博覧会は2017年6月16日から18日まで、北京国家会議センターで華やかに開催されます。

三、展覧会の区画

80余りの国家と地域、30近くの中国の省、市、自治区及び観光業界の主流企業が参加し、1000社あまりの参加社が貿易交流と相談を行います。展覧会の面積は22000平方メートルに達します。E1号館は企業展示販売館で、参加社の製品を展示し販売します。E2とE3号館は総合館で、北京以外の省と市、香港・マカオ・台湾の観光機関、及び観光相関の金融、企画、宣伝、文化体育、医療などの参加社がそこにあります。E4号館は国際館とされ、主に参加する国外の観光機関の展示場所です。


四、出展企業

13年続いてきた北京観光博覧会は国内外に高く評価され、出展企業が幅広く拡大しつつあります。数多くの海外企業や顧客、国内の有名な観光都市、中国国際旅行社、中国旅行者、青旅国際旅行者、中国婦女旅行社、中信旅行、康輝、衆信、同程、凯撒、途牛、盈科、万衆など観光業界の大手企業は毎年必ず出展する。同博覧会は既に北京観光のブランドの一つになりました。>6月16日から18日まで、北京国家会議センターで華やかに開催されます。


五、2017北京観光博覧会の特徴

京津冀(北京、天津、河北の略称)三地域を共同で発展させるという戦略的位置づけに基づき、2017北京観光博覧会は前向きなイノベーションを起こし、全域旅行の理念を強く提唱し、天津と河北で手を繋ぎ、観光模範区を構築し、京津冀展覧区を設置することで、京津冀観光の連携がスムーズに推移よう努めています。

観光産業の発展に合わせ、同博覧会は通常業務の上に、医療観光やシルバー観光、アウトドア観光、見学観光などのプロジェクトを新設します。また、ホテルやスポットの展示区、観光コースの販売区を作り、ホテルや観光地などにより幅広いビジネスチャンスを提供します。

同博覧会はB2B、B2Cのモデルを重要視し、このプラットフォームを通して企業と顧客に提供できる価値を深く掘り出し、出展企業のニーズを最大限に満たします。その他にも、ネット予約システム(OPSA)が既起動し始め、このシステムによって、出展企業と顧客が事前に予約を取り、一対一の形で商談することが可能になりました。このように、今回の博覧会は豊富で多彩な観光体験を提供するものです。今年の6月、皆さまの参加を北京でお待ちしております。


六、父の日に当たり、現場で祝う

18日は父の日であり、同時に、博覧会も最終日を迎える。父の日を祝うために、凯撒観光は心をこめたプレゼントを用意した。商品を購買する男性は、いずれも「一番のお父さん」が印刷される抱き枕をもらえるという。


 七、63億元の協力意向の金額に達成

同博覧会は三日間を亘り、豊かな成果を挙げた。80以上の国と地域、国内28の省・自治区及び観光業界の1000社以上の企業と特別買い手は参加し、商談会や推奨会など3600回ほどは開催され、3万人あまりの専門観衆と13万人の公衆は積極的に参加した。また、協力意向に至る金額は63億元にのぼり、同期比べ6.8%が増えた。各観光会社の現場売り上げは初めて1億元を超えて、1.1億元に達して、同期18%が増加し、史上最高を記録した。


青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved