北京で働きたい!今、北京で求められる日本人とは?

print

中国における外国人の就業には政策上の縛りがどうしても足かせとなりますが、まずは自身が求められる人材であるかということが重要です。

中国に進出する外資企業は中国市場に対応するため早くから積極的に現地化を進めており、現地化が遅れていると言われる日系企業でも管理層のローカル人材化が進んできています。

今回は北京で求められる日本人人材とはどういったものなのかご紹介したいと思います。


日本語を話せる中国ローカルスタッフか中国語を話せる日本人か

本社が日本にある会社である場合、社内言語が日本語であることも多いため、日本語学部出身の中国人学生をローカルスタッフとして雇用する企業がほとんどです。

北京外国語大学や大連外国語学院等、外国語学部のトップ校出身者は非常に優秀で、留学を経験していなくても卒業時には日常会話レベル以上の日本語力を身につけており、日系企業で人気なのです。

また、こうした優秀な学生は、在学中にも様々なところで通訳の経験等を積んでいるため、すぐに社内でも活躍の場が与えられています。


中国語を話せる日本人では?

北京で日本人が管理職として求められる場合、基礎的な条件として中国語をビジネスで使えるということが前提となります。

ただ中国語会話がそこそこできるだけでは、日本語を流暢に使いこなす中国人ローカルスタッフのほうが、語学面でも現地でのフットワークでも優位にあるため、日本人としての強みを発揮しにくいのです。


活かすべき強みは?

一番の強みとなるのは、特殊技能を持っていることです。

資格や経験がピンポイントで活かせるポジションは、他の人では替えが効かないため、プロフェッショナルを探している会社があればすぐに仕事が決まります。

そういった場合、能力が必要とされているため、中国語は特に必要ないことも多いです。


技能はないけど、中国で働きたい場合は?

それでは、具体的な技能がない!でも北京で働きたい!という方はなす術が無いのか、といえば、そうとも言えません。現地だからこその悩みや問題は確かにあり、それこそが日本人としての強みの活かしどころと言えるのです。

たとえば、日系企業であれば、日本人管理者とローカルスタッフをつなぐポジションが、意外に空白のままの会社も多いのです。

ローカルの中間管理層が育っていない会社はまさにその状態であり、下が育っていないにもかかわらず、日本人トップが数年(約3~5年が一般的)で交代してしまうケースがよくあります。


日本人管理者とローカルスタッフをつなぐポジションが実は狙い目

技能はないけど、中国で働きたい場合に狙うポジションは、日本人管理者と中国人のローカルスタッフをつなぐポジションです。

中国人ローカルスタッフと上手く交流し、彼らの考えや要望を把握すると共に、トップの意思をかみ砕いてローカルに浸透させる、双方向の潤滑油となり、組織をうまく機能させられるようになれば実際の業務にもおのずとプラスの影響が出てくることでしょう。

また、中国ならではの習慣やビジネス感覚は、一朝一夕で身につけられるものではありません。ローカルスタッフにとって当たり前のことが、現地経験の浅い日本人管理者にとっては奇異に映ることも多々あります。

そういったところでもサポートできる日本人は、企業に求められることになります。


まとめ

いかがでしたか?

このように現地で仕事を探す場合、第一に技能を持ち合わせていること、第二に現地感覚を持ってローカルスタッフを理解し、管理層の考えを伝える潤滑油となれること、共通して求められる特性と言えるでしょう。

北京で働きたいと思っている人は、中国に対する理解、中国語力、中国生活経験などでそれらを肉付けし、活躍できる場を探してみてくださいね!

北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved