北京で生活する前に知っておきたい日本人コミュニティの現地サークル

print

北京には現在約1万2000人近くの日本人が居住しており、企業の駐在員とその家族、留学生、行政関係者、研究者等様々な立場で生活しています。そのため、様々なコミュニティが形成されており、さまざな活動が行われています。

今回は、北京で活動しているサークルを一部ご紹介します。

1.地域サークル

出身地域や縁のある土地別の集まりです。県人会や市民会があり、定期的に集まり(飲み会)を開いています。例えば、九州出身なら九州会、北海道出身なら北海道人会などの県人会があります。

人数の大小はありますが、大人数は大いに盛り上がり、少人数は一人ひとりと深く交われるので、それぞれの良さがあります。異国の地で思う存分ローカルトークに花を咲かせることができます。

また、普段は厳しい仕事に追われていても、同郷同士の親近感のあるトークで楽しむことができます。

2.出身校同窓会

東京大学、京都大学、早稲田大学、慶応大学はじめ、20以上の大学同窓会があります。青春時代を駆け抜けた、懐かしのキャンパスや先生の話題で盛り上がれるのは同窓生ならではです。

仕事で知り合った同士が実は同じ高校出身ということが発覚し、高校同窓会立ち上げに至ったという縁を感じるエピソードもあります。海外で初めて知り合う同窓の繋がりは、なおご縁を感じますね。

3.趣味サークル

剣道やバドミントン、サッカー、野球などのスポーツ系、アカペラ、囲碁、ウクレレ、俳句などの文化系サークルや、特定野球チームを応援する会、特定アイドルやミュージシャンの集まり等、志を同じくする人たちのサークルが多数あります。

スポーツ系のサークルでは、中国国内で行われる地域対抗戦(例えば野球であれば大陸王座決定戦)などに遠征することもあります。

4.職業別

北京診断士の会、北京日本語教師会等、職業の近い人同士や、現地採用者の会、北京駐在員女子会、といった近い立場の人同士が集まって親交を深め情報交換することを目的としたコミュニティです。

5.勉強サークル

コーチング、ファシリテーションなどのスキルや、学術交流会などのサークルが活動しています。向上心を持つ仲間と切磋琢磨し、北京生活を一層有意義なものにしたいですね。

6.互助会

最大の日本人互助組織として北京日本人会というものが存在しています。邦人間の交流プラットフォームであると同時に、日中親善のための各種社会貢献活動やイベントを行っています。

また、各主要大学には日本人留学生会があり、学内の情報提供やイベント・緊急時の連絡等を行っています。大使館の支援を受けて日中合同成人式を実施運営しているBJSA(北京日本人留学生社団)という大学の枠を超えた留学生団体もあります。



いかがでしたか?

北京に住んで間もない方も、自分に縁のある、または関心のあるコミュニティが見つかれば一気に溶け込めます。また、日本にいたのでは絶対に知り合うことのなかった人と親しくなれるのも海外生活ならではと言えます。

異国であるからこそ、困ったときに頼れる日本人の繋がりを持っておくことで、心強く何事にもチャレンジできるのではないでしょうか。これから北京生活を始める方にもご参考になれば幸いです。

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved