中国リメイク版「深夜食堂」放送開始 女優の徐嬌が久しぶりのドラマ出演

print

中国リメイク版「深夜食堂」放送開始 女優の徐嬌が久しぶりのドラマ出演

蔡岳勳監督、黄磊(ホワン・レイ)主演による、2017年グルメドラマ大作の「深夜食堂」が12日に放送を開始した。同ドラマでは最近姿を見せていなかった徐嬌(シュー・チャオ)がドラマ出演を果たし、天才歌手の奇奇を演じている。

徐嬌は大学に進学後は学業に専念しており、ドラマや映画の仕事はセーブしていた。今回のドラマ「深夜食堂」の「魚松飯」の回では放浪生活を送る少女を演じており、その少女は驚くべき天賦の才を持っていたため、劉昊然(リウ・ハオラン)演じるプロデューサーにスカウトされるというストーリーになっている。この二人の95後(1995年以降生まれ)の俳優の共演でどんな化学変化が生まれるのか、多くのネットユーザーが期待を寄せている。

周星馳(チャウ・シンチー)監督作「ミラクル7号」で大ブレークした徐嬌は、役者として活躍する中で各方面から注目を集めてきた。しかし、徐嬌は自分の立場を常に客観的に把握し、学業でも優秀な成績を維持し、映画やドラマへの出演もセーブしてきた。徐嬌は長い間漢服文化の普及に力を注ぎ、高校生のときには漢服を着て科学普及の講演を行い、それにより多くの人が中国の伝統衣装に関心を持つようになった。

ドラマ「深夜食堂」は徐嬌にとって久しぶりのドラマ出演作品で、予告編やスチール写真が公開されたことで、多くの人から好評や期待の声が寄せられている。さらに、黄磊、劉昊然との共演を通して、この97年生まれの少女が演技の分野でも進歩があり、将来もっと成長することを多くの人に知らしめることとなった。これからも徐嬌の活躍に目が離せない。(編集YK)

「人民網日本語版」

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved