老舍茶馆 Lao She Teahouse

print

面白い場所

いろんな生活用具が飾られている2階が面白い。お茶の展観と販売がある。1階の食事とエンターテイメントが組まれている。胡弓の演奏がいい。食事の質は、ま、普通と言える。雰囲気を味わいに行くのにぴったり。

伝統的な of the Dragon 」な体験

"180 元一人様につきは同意します。 しかし、この英語字幕が用意されていました。多彩なプログラム、とても " 私の家族にとって必要なことだった、中国自身理解できますがしていました。 私たちが早く私たちは夕食を食べました下の階にある予約できました。 私たちがディナーお勧めしません。 私たちが北京にあった中で最悪の中国料理でした。 私たちはシャドーパペットショー、夕食獲れたし、そして私の 10 、 12 年は不向きでした。 ホテル 3-4 日につき無料のセッション、各ショー、はこれ以上より 15 分ました。 サービスはとても良かったです。 には、バラエティー・ショー、紅茶、軽食、ドライフルーツ、スモモ、メロンの種である典型的な第19 世紀 - 南京虫が出ました早朝第20 世紀お茶やスナック。 美味しいへ行って、ヨーロッパやアメリカという意味でありません。 全体のこと様々な第二次世界大戦時 /pre- 共産主義時代の前、ストリート余興として使用してこれらの行為への戻ります。するショーをお楽しみください。 " 私の家族、私たち祖父必要です。泊ったかについて話し合った、素敵な時間を過ごしましたし、彼らの友達と仕事後と合流した後、第19 世紀の終わりに、初期第20 世紀のハッピーアワーには、中国版のようになっているかもしれません。 私たちにも代わりに、全体の 2 時間ほど中国オペラ・プログラムやアクロバット・ショーこのプログラムがこれらのへも歩いてすぐ。さらに子供たち興味がおあり続けるとだったのでを選びました。

伝統の趣と西洋の優雅さのコラボ「名瑞ウエディングドレスショー」 北京

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved