「一帯一路」は人文的なコネクティビティを促し 北京観光はアスタナ世界博覧会に進出

print

「一帯一路」提案は千年の歴史を持っている「シルク・ロード」を新たに活気付けさせた。カザフスタンは中央アジアの重要な国であり、「一帯一路」は西へ伸ばす一番目の国でもある。2017年6月10日から9月10日まで、カザフスタンの首都アスタナは世界博覧会を行う予定だ。カザフスタンの国民との人的・文化的のコネクティビティを促すため、北京市観光発展委員会は「観光使者」として、アスタナ世界博覧海への参加をきっかけに、「文化の宴」を開催し、オンライン或いはオフラインなどの様々な観光推奨活動を通して、北京の歴史古都の新しい風貌を現した。

6月16日に行われたアスタナ世界博覧会中国館北京活動周の開幕式で、北京観光写真展の除幕式も同時に行った。アスタナ世界博覧会の中国館政府の総代表である王锦珍氏、中国駐カザフスタン大使である張漢輝氏、カザフスタン農業部副部長とアスタナ世界博覧会国家会社参加展覧部長、及ぶ北京市政治協商会議の趙文芝副主席などが活動に出席した。北京市観光委員会は40枚余りの北京観光写真を選り抜いて設計を加え、北京市政府徐志軍副秘書長及び北京市観光委員会の趙広朝氏は写真展を除幕した。

北京周开幕式场地和中国美食文化城招待会场地进行展出。

写真展の現場では、北京の風貌を現す一枚一枚の美しい写真は数多くの異なる国からの観光客を惹きつけている。観賞しながら記念写真を撮る人は少なくない。北京市観光委員会の係員により、北京活動周の間に、これらの写真は中国館二階の回廊、北京周開幕式場所、及ぶ中国美食文化城招待会場で展覧するという。

また、北京市観光委員会は北京観光宣伝ビデオを作成し、北京活動周の間に中国館内のスクリーンで循環して放送する。同時に、アスタナの最も大きいモールSilkway Mall室内外の合わせて12枚の電子スクリーンを借りて、45日続けて、毎日に重点時間帯で5回ビデオを放送する。Silkway Mallは世界博覧会園区に接し、博覧会の付属プロジェクトである。モールを通し博覧会の核心区域に達せ、毎日に数多くの観光客が訪れる。耐えない宣伝は観光客と地元民の北京へのイメージと観光資源への理解を大いに深め、北京観光のアピール力を強めた。

この他、北京の観光情報や公共サービス情報、政策情報などを紹介するために、委員会は北京観光のパンフレットを1万枚用意した。北京ウィークや北京観光写真展、北京経済貿易商談会などの場を借りてパンフレットを配る。

以前の海外推奨イベントと違って、今回はネット上の宣伝販売も同時に行われている。衆信旅行会社の海外協力パートナーとして、カザフスタンで最も多い読者を持つウェブサイトのNUR.KZに、四ヶ月を亘って毎月14日間の宣伝をする。予約されたニュースページの広告は日に10万以上のアクセス量がある。

趙広朝委員は「近年、『一帯一路』戦略の実施によって、カザフスタンを含む中央アジアの国はわが国と貿易や商業、観光における強力がますます緊密になっている。博覧会の主催期間に、北京観光委員会の一連の活動は歴史古都としての北京の知名度を向上し、中央アジア国からの観光者を増やし、北京が国際的なセンターになることに大いに役を立てるはずだ」示した。

今回の博覧会は中央アジア国で初めて行われる博覧会であり、「未来のエネルギー」をテーマとしている。北京市は16日から18日にかけて三日間の「北京ウェーク」のイベントを行い、古都と大都市としての北京のイメージを向上し、国際での影響力を強め、北京市と世界各国との交流を促進し、経済や貿易面の協力を推進することを目指している。



北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved