国子監(こくしかん)

print

国子監とは中国の最高学府を指す言葉で、その起源は周代に遡る。北京の国子監が建てられたのは1306(元の大徳10)年。当時の支配民族であったモンゴル人に漢語を、漢族の子弟にモンゴル語を教えるのが目的であった。孔廟の隣に立つのは「左に廟、右に学」という当時の建築規定にのっとったため。集賢門の名を持つ正門を入って太学門をくぐると、見事な瑠璃の牌楼が目に映る。その後ろには、主堂となる辟雍の優雅なたたずまいがある。この建物は周代の学舎を模しているといわれ、さらに奥の彝倫堂と呼ばれる蔵書庫は、現在は首都図書館の閲覧室となっている。

住所

東城区国子監街15号

交通アクセス

地下鉄2・5号線「雍和宮」

TEL

(010)6407-5259※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、中国への電話のかけ方をご参照ください。

開館時間

5~10月:8:30~18:00

11~4月:8:30~17:00

※入場券販売は閉門30分前まで

定休日

なし(11~4月上旬は隔週月曜)

料金

30元

伝統の趣と西洋の優雅さのコラボ「名瑞ウエディングドレスショー」 北京

ランキング

『当代外国文学紀事』 世界文学を国・地域別で紹介

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved