北京のマッサージ・スパで癒される

print

北京というと万里の長城や故宮博物院といった歴史的イメージが強く、「癒やしの旅で北京に来ました!」という人にはなかなかお目にかかれません。なんで中医学の本場・北京がタイや台湾にかなわないの?と不思議に思っていたら、「衛生面が心配だから」との声が……。

でも、“北京=不衛生”というのはちょっと前までの話で、今の北京はマナーなどと共に、キレイ度もかなりアップしてきています。しかも、ここでピックアップしたお店は、技術、サービス、衛生面すべてハナマルのお店ばかり。いまやマッサージ、スパ、エステは北京旅行の必須アイテム! みなさん、ぜひ北京へ癒やされに来てください。

北京のスパ

スパは贅沢に全身を癒やすためのもの。治療的要素の強いマッサージと比べ、全身の活性化とリラクゼーションを目的としたもので、施設やサービスが充実しているのが特徴。もちろんお値段は高めですが、お店に一歩入った瞬間から、至れりつくせりのサービスで脱力できるというのが魅力です。


スパ1 伝統家屋・四合院で至福のひと時を

「Zenspa」



デトックススパ。体の奥に蓄積された毒素(疲れ)を排出し、肌を再生

中庭を囲むように個室がある

技術、環境、サービス共に北京一と評されるゼンスパ。四合院を模倣した建物は、香港人デザイナーによるもの。アンティーク調の家具に蝋燭の淡い光……幻想的なその雰囲気だけで日頃のストレスがふわ~っと抜けていくようです。ここのサービスは、タイやシンガポールでスパトレーナーとして活躍するKob氏直伝のもの。技術はもちろん接客も厳しく指導されています。メニューはツボを重視した中国式、間接疲労に効果的なタイ式など多種多様。お値段は足つぼ(380元/60分~)、全身(500元/60分~)と相場よりかなり高めですが、時には贅沢なひと時を味わってみては?

<おすすめコース>

アロマな香り漂う施術室

デトックス・スパ(排毒水療套餐) 1400元/120分(2012年6月1日~2012年8月31日は特別価格980元)

アロマ黒砂糖スクラブケア(30分)→デトックスアロマエッセンシャルオイルバス(30分)→デトックスアロマオイル全身リンパマッサージ(60分)

潤い効果抜群の天然良質黒砂糖と極上品質のデトックスアロマオイルで疲れた体を癒し、肌をよみがえらせてくれる。

<DATA>

■Zenspa

住所:朝陽区小武基路甲8号1号院(東四環南路15号出口)

TEL:010-8731-2530(英語可)

営業:11:00~23:00

アクセス:地下鉄10号線「勁松駅」からタクシーで1区間


スパ2 マッサージを受けながら食べ飲み放題

「東方大班(ORIENTAL TAIPAN)」



北京に6店舗展開する大型スパ・タイパン。ここのメニューは入浴、マッサージ、エステ、ネイルととっても豊富。しかも全身オイルマッサージが298元/80分~、足つぼ90分、全身60分が各168元~と、このランクのお店にしてはかなりお得。さらに、このお値段にはチャーハンやカレーライス、珈琲やジュースなどの食べ飲み放題が含まれているのです! なお、月~金曜日の11~17時はハッピーアワーで、この時間に入店すれば、足つぼが118元に。 「来てよかった~」と満足すること間違いなし。

<おすすめコース>

大班経典全身招牌按摩(治療型全身マッサージ) 198元/60分

国家資格を有する高級按摩師による治療的な要素のあるマッサージ。要予約

<DATA>

■東方大班・温特莱店

住所:朝陽区西大望路1号温特莱中心(B座101)

TEL:010-6538-8086(英語可)

営業:11:00~翌0:30

アクセス:地下鉄1号線「大望路駅」徒歩10分

他店舗:三里屯店、麗都店、建国門店、金融街店、新城国際店


北京のマッサージ

中医学の本場・北京には、町中至るところにマッサージ店があります。足つぼ30元!なんてお店もあるし、いかがわしそ~な按摩店もあって、一体どこに入ったらいいのか悩んでしまうのでは? ここでは技術、サービス、価格のすべてに納得できる4店舗をご紹介!


マッサージ1 中医家系4代目の専門医によるマジックハンド

「力雄保険中心」



オーナー・成双喜氏は代々中医に従事する家系の4代目。氏自身も中国民間中医医薬研究開発協会に属する著名なドクターで、他の按摩師もすべて中医に携わる熟練者。そんなエキスパート集団の施す施術は手で触れて、体の状態を診て、それにあわせて調整していくというもの(コースによっては独自の漢方薬湿布を使用)。氏のあまりに的確な施術を“マジックハンド”と賞賛するリピーターも! 価格は足つぼマッサージ(150元/60分~)、全身(200元/60分~)。お値段以上の効果が期待できます。

<おすすめコース>

成双喜による治療マッサージ 200元/60分弱(個人の状態によって時間が異なる)

キャリア30年強の成氏による一人ひとりの状態にあわせたマッサージ。要予約

<DATA>

■力雄保険中心

住所:東城区金魚胡同3号 和平賓館(ノボテル)2階康体中心内

TEL:010-8511-1455、130-0109-0920(英語可)

営業:10:00~翌0:30

アクセス:地下鉄5号線「灯市口駅」徒歩10分


マッサージ2 西洋医学と中医の両者を極めた達人技

「北京岐黄中医診所」



元々外科医師だった蒋徳貴氏は、視力低下をきっかけに、1989年から触診重視の中医に転向。両医学の知識を有す氏が「私たちの施術は“按摩”ではなく“推拿(医学における按摩行為)”です」と語る通り、ここの施術は治療的要素が強くなっています。

コースは「頚・肩」、「腰・背」(各90元/45分)など部位に特化したもの、「頭痛・頭暈(めまい)・失眠(不眠)・健忘(物忘れ)」、「便秘」、「月経不調、痛経(月経痛)」(各90元/45分)など症状に特化したものなど。もちろん、リラクゼーションを目的とした「保険按摩--足つぼ(78元/60分)、全身(120元/60分)」もあります。各コースとも回数券の購入で20%オフとなることも要チェックです! また、中医の知識や技術を講義する教室も開催して話題となっています。授業料は1時間100元/人(通訳費別途)。2人以上、要予約。

<おすすめコース>

蒋徳貴氏による専家治療 300元/60分

体の構造を熟知した専門医による全身推拿。要予約

<DATA>

■北京岐黄中医診所

住所:朝陽区東三環農展館北路 賓都苑3階306室

TEL:010-6503-5867、1316-182-5287(日本語応対)

営業:12:00~翌0:00

アクセス:地下鉄10号線「農業展覧館駅」、バス「東三環亮馬橋駅」徒歩8分

※亮馬橋歩道橋下からミニシャトルバス(黄緑色に上部白いラインの車体)が出ている。運転手に行先を告げると目的地前で下してくれる。乗車3分


マッサージ3 24時間出張マッサージOK!

「北京維希美容マッサージセンター」



北京CBD (商務中心区)のど真ん中に位置するお店。専門店ならではの高い技術と豊富なラインナップが魅力です。一般的な全身(100/45分)、足底(80/45分)はもとより、新陳代謝の促進・皮膚の老化防止に効果的なリンパ排毒マッサージ380元/80分、神経が集中するおへそ周辺を刺激してむくみや便秘などを解消するおへそマッサージ260元/60分などのマッサージメニューのほか、美白280元/60分、ニキビ対策220元/60分などフェイシャルエステも充実!お好みのメニューをチョイスすれば、ドリンク、シャワー、Wi-Fiサービスが無料で受けられます。更に嬉しいのは24時間営業で、いつでも往復交通費プラスするだけで出張サービスを受けられること。疲れてホテルから動きたくない~という時にうってつけです!

<おすすめコース>

精油按摩(アロマオイルマッサージ) 200元/60分

<DATA>

■北京維希按摩中心

住所:北京市朝陽区国貿橋東南角戀日國際公寓1803

TEL:010-6566-4566、159-1079-1248(英語可、日本語少々)

営業:24時間

アクセス:地下鉄1号線10号線「国貿駅」徒歩4分


マッサージ4 足つぼ+全身2時間たっぷりで2000円弱!?

「益康富橋保健」



質にも値段にもうるさい北京在住の日本人が「ここはお得」と認めるお店。足つぼ+全身2時間の超特価コースを広めたここは、マッサージ師を常時30人以上抱える大型店。それでも満員になることがあるので予約するのがベスト。コースは足つぼ+全身(138元/120分)以外にも、局部マッサージ(58元/30分)、デトックス効果があるイヤーキャンドル(リンパマッサージ付き(88元/60分)、腹部ダイエットマッサージ(78元/40分)、全身リンパデトックスマッサージ(168元/60分)などなど。ちなみに足つぼ、全身の単品価格は78元/60分、88元/60分。

<おすすめコース>

精油按摩(オイルマッサージ) 168元/60分

季節ごとのオイルを使用しての全身マッサージ。ホットストーン付き

<DATA>

■益康経絡保健中心

住所:朝陽区新源里南路16号世方豪庭1階

TEL:010-6437-2076(日本語少々)

営業:10:00~翌2:30

アクセス:地下鉄10号線「亮馬橋駅」からタクシーで1区間




青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved