2022年北京冬季オリンピック宣伝ビデオ

print


2022年冬季オリンピックの立候補申請は2013年11月14日をもって締め切られた。2015年7月31日にクアラルンプールで開かれた第128次IOC総会において開催都市が北京に決定した。

国際オリンピック委員会(IOC)第128次総会が北京時間31日にマレーシア・クアラルンプールで開かれ、IOC委員よる投票の結果、中国・北京がカザフスタン・アルマトイを上回る票を獲得し、2022年冬季五輪の開催都市に決まった。北京は08年の夏季と続き、史上初の夏冬開催となる。

開催地決定までの過程

2012年

10月3日 - IOCが各国のオリンピック委員会(NOC)に対し、2022年冬季オリンピック招致に関する行程表を送付した。

2013年

6月6日 - IOCが立候補の申請受付を開始。11月14日 - 立候補の申請期限が締め切られ、翌15日にIOCがアルマトイ、北京、クラクフ、リヴィウ、オスロ、ストックホルムの6都市からの立候補申請を受け付けたことを発表した。

2014年

7月7日 - IOCによる一次選考通過都市が発表され、立候補後の撤退を表明していなかったオスロ、アルマトイ、北京の3都市がすべて通過し、落選都市は無かった[。

2015年

1月 - 1次選考を通過した立候補都市による立候補ファイルの提出期限。

2月 - 3月 - IOCの評価委員会が各立候補都市を視察した。

5月 - 6月 - 評価委員会が各立候補都市の評価報告書を公開。

7月31日 - マレーシアのクアラルンプールで開かれる第128次IOC総会で開催地が決定。


北京時間1日午後、国際オリンピック委員会(IOC)は、2022年冬季五輪の各立候補都市に対する「評価報告書」を発表した。報告書は、北京市と河北省張家口市が提出した招致申請は、開催条件・開催能力いずれも満たしていると認め、2008年北京夏季五輪の施設を十分に活用するという北京の計画を高く評価している。これは、3月の、アレクサンドル・ジューコフ評価委員会会長による「北京は、2022年冬季五輪を開催する能力を十分に備えている」というコメントを実証する報告でもある。北京冬五輪招致委員会は、「今回発表された報告書によって、2022年冬季五輪開催に対する北京の自信はさらに高まった。北京はこれからも、『オリンピック・アジェンダ2020』を積極的に遂行し、『評価報告書』を重視し、招致計画をさらに整えていく」との方針を示した。人民日報が伝えた。

北京冬季五輪招致委員会会長を務める北京市の王安順市長は、「『評価報告書』では、北京2022年冬季五輪の『選手主体』『持続可能な発展』『節約開催』という三大理念と『オリンピック・アジェンダ2020』を高度に結び付けたことが評価されている。北京冬五輪招致委員会は『評価報告書』を高く重視しており、これまでと同様、IOCからの提案に耳を傾け、優位性を発揮し、相互利益・ウィンウィンをめざし、絶えず前進し、招致活動を全力で進める」と抱負を述べた。

IOC評価委員会は今年3月、北京と張家口でフィールド調査を実施、選考基準となる14項目に関する分析・評価を進め、これにもとづき「評価報告書」を完成させた。同報告書は、2008年北京夏季五輪施設の有効活用をめぐり北京を高く評価した上、「2008年夏季五輪の開催で、北京には、複数の世界レベルのスタジアム、公共娯楽施設、新たな国際会議センター、完備された交通システムが保留された。2008年大会の開催経験と技術は、2022年冬季大会の開催に極めて有益である」と認識している。

「評価報告書」では、北京が張家口とともに2022年冬季五輪を招致したことは、政府と国民から大きな支持が得られたとして強調されている。IOCと北京冬五輪招致委員会の世論調査によると、北京冬季五輪招致の支持率は90%を上回った。報告書は、「北京での冬季五輪開催によって、市民の生活習慣が大きく変わり、それによって国民全体の身体的素質が大いに高まると期待できる」と指摘している。

また、報告書によると、北京で2022年冬季五輪が開催された場合、その強大な市場規模と成長潜在力が、提携パートナーに巨大なビジネスチャンスをもたらすことが予想される。北京のスピーディかつ効率的な交通システム、世界トップレベルの宿泊・飲食施設、特色ある風景は、オリンピックの下に集まるビッグ・ファミリーと観客に、格別な素晴らしい体験を提供してくれる。

北京冬五輪招致委員会代表団は、6月9日と10日にローザンヌで開催される「2022年冬季五輪立候補都市とIOC委員説明会との懇談会」に臨む。2022年冬季五輪開催都市は、7月31日にマレーシアで開かれる第128回IOC総会で決定される。

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved