青龍峡観光リゾート

print


青龍峡観光リゾートは国が定める4A級の観光地である。北京市懐柔区怀北鎮の古代万里の長城の関所に位置しており、北京市内の三元橋から75kmの距離にあり、青々とした山と川、万里の長城が一体となった自然が美しいエリアである。

青龍峡観光リゾートは大きくふたつのエリアに分かれている。ひとつは北にある水上遊覧エリアである。ここではモーターボートやドラゴンボートなどのさまざまな船に乗ることができる。もうひとつのエリアは南にある戯水エリアで、ここでは竹のいかだ、普通のボートに乗ることができる。観光エリアには多くの万里の長城の古跡が残り、観光エリアに彩りを与えている。

望亲亭は青龍峡大峡谷の入り口のところにあり、2001年の秋に造られた青龍峡風景エリアの代表的なスポットになっている。建物の高さは5.5m、幅2.8mの石造りの二重の塔で、総面積は60.4㎡である。 また、望龍滝は青龍峡谷の中腹に位置し、滝の幅は11.5m、落差8m、滝の長さは26.8mで、青龍峡観光エリア内に数多く存在する滝の中でも最も優雅で美しい滝といわれている。

エリア内には各種の施設が備わっている。優雅な四和院式のホテルにレストラン、会議室などがある。また龍峡飯店では、さまざまな田舎風料理を提供している。特にニジマス料理はおすすめだ。

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved