北京霊光寺

print

霊光寺は、翠微山の東麓にあり、「西山八大所」の第二所として知られています。さらに、北京市の石景山区に位置し、八大所(公園の名前、霊光寺、長安寺、三山庵、大悲寺、竜泉廟、香界寺、宝珠洞、証果寺など)に現存する、最も重要な寺院と言われています。唐時代の大歴年間(766-779)に建築され、当時は龍泉寺と呼ばれました。金大定2年に建て直され、覚山寺と改名されました。その後、明成化14年に再度修築され、現在の名になりました。

霊光寺は、山に靠れて建造されました。20メートルの石段を登ると、本殿が目に入ります。その本殿には、タイの僧王から贈られた釈迦牟尼の銅像が祭ってあります。

当初は、霊光寺には廟堂が五つありましたが、現在は「大悲院」「魚池院」「塔院」三ヶ所しかありません。大悲院には、南に観世音殿、北に拝仏堂、東西にも、それぞれ配屋(母屋の手前両わきにある建物)が14室あります。院の西南の方には、清時代の咸豊年間に作られた金魚池があり、最初は寺内の放生池でした。池畔には、招仙塔(画像千仏塔とも呼ばれ)の基盤があります。清時代の末期、該塔は八国連合軍の砲火に焼き払われました。そのあと、寺内の僧人が古い基盤の片付けをしている時、釈迦牟尼の霊歯舎利を祭る石函(石碑と同じ)を発見しました。

1958年、この「釈迦の霊歯舎利」を祭るために、霊光寺の方丈院に高さ51メートルの仏歯舎利塔と子殿堂が建てられました。その塔は7層の殿堂があり、釈迦の霊歯が、金剛座の上にある金の七宝塔に祭られています。世界には仏歯舎利が2粒しか残せないため、霊光寺は全世界の仏教僧徒がひれ伏し崇めるところになっています。

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved