職業データ報告「北京・上海・広州から逃避」の真相は

print

「北京・上海・広州からの逃避」がかねてより社会で注目の話題になっている。一方で当今の若者の職業選択に関わることであり、また一方では職業選択の背後にある都市ごとの発展水準や資源分布の相違を映し出している。中国科技網が伝えた。

実名登録制職業型ソーシャルネットワーキングサービスプラットフォーム「脈脈」がこのほど発表した「中国職業データ白書夏季号」では脈脈データ研究院の調査に基づき、「北京、上海、広州、深センは不動産価格や戸籍などの問題がここに住もうとする若い人の前に横たわるため、一部の若い人々が『逃避』を選択するようになった」との見方を示す。

データをみると、若い人々に最も人気がある二線都市ベスト3は蘇州、武漢、成都だ。一線都市から二線都市へ移った人々が最も多く選ぶ仕事は販売職。移るのに最も適した年齢は27歳で、二線都市に移っても一線都市に暮らしていた時と同じようにのびのび活躍するという。

▽北京・上海・広州からの逃避組の主力は25~29歳の若者

一線都市から二線都市へ移って活躍する人々に共通の性質は、▽5年以上の就業経験がある▽質の高い暮らしを求めている▽都市の快適さを好む▽仕事でもっと活躍したいと考えている、などだ。

一線都市で働いて能力を高め、二線都市に移るとよりよい暮らしを追求し、第二の人生をスタートするというのが、北京・上海・広州・深セン・杭州から逃避する人々の理想の生き方になっている。

同研究院のデータをみると、過去1年間に、一線都市から二線都市に移動した人々の主力は25~29歳の若年層で、全体の45.9%を占めた。次は20~24歳で22.0%、さらに次が30~34歳で21.3%となっている。

35歳以上で一線都市からの逃避を選ぶ人は少ない。35歳以上になると、35歳以下の人々に比べて一線都市にたくさんの蓄積があり、仕事の上でも生活の上でも一定の人間関係や各種資源を形成している上、家庭をもつ人がほとんどで、今の暮らしを捨てて新天地に向かえばコストが高くつく。

具体的にみると、35~39歳で一線都市から移動した人は、全体の7.5%に過ぎず、40~44歳は2.1%、45歳以上は1.2%だった。注視されるのは、27歳で北京・上海・広州・深セン・杭州から二線都市に移る人が最も多く811人に達し、10.9%を占めたことだ。

▽蘇州・武漢・成都が「逃避族」に人気の二線都市

同研究院のデータをみると、蘇州、武漢、成都、天津、南京、鄭州、西安、合肥、廈門(アモイ)が、北京・上海・広州・深セン・杭州を離れた「逃避族」が実際に移り住んだ9大人気二線都市だ。二線都市はインフラや暮らしを取り巻く環境がますます整ってきているが、それだけでなく、優れた企業の存在も「逃避族」が二線都市に移る際に注目するポイントだ。二線都市が受け入れる産業はますます多くなり、企業の数も年々増え、仕事を探す際には多様な選択肢が与えられる。

資料をみると、中国平安、百度、蘇寧、中鉄、新美大、富士康、同程旅遊、華為、京東、宜信、中軟国際、滴滴などの企業が、最終的に最も多く選ばれる就職先だ。またこうした企業には、北京・上海・広州・深セン・杭州だけでなく二線都市や三線都市にも支社があるという共通の特徴がある。

調査対象者は、「二線都市は北京のような一線都市の賃金レベルには届かないが、消費レベルも一線都市ほど高くないし、生活にかかる圧力もそれほど多大きくない」と述べた上で、さらに掘り下げて、「一線都市でがんばって、それから逃避した人はバックグラウンドをもたないケースがほとんどで、二線都市や地方に戻っても、収入が多く、文化的で、5険1金(年金保険、医療保険、失業保険、障害保険、出産保険、住宅積立金)の社会保障がある仕事を見つけるのは容易ではない」と述べた。

▽販売職とインターネット会社が「逃避族」に最も人気

一線都市を離れた「逃避族」が、二線都市に移って着く職業で最も人気があるのは販売職だ。同研究院の調査によれば、販売、マーケティング、技術研究開発、CEO(最高経営責任者)・社長、運営、デザイナー、業務、プロジェクト管理、HR(人材関連)、行政の補助といった職場が、二線都市に移った人々の主な就職先だ。

全体としていえることは、二線都市にある企業のマーケティング職が非常に歓迎されている。一線都市の大企業や大手プラットフォームでマーケティングの経験などがあれば、二線都市の企業で同じような仕事をするのはたやすいことだ。

同研究院の関連部門責任者は次のような例を挙げて説明する。「インターネット企業の場合、北京・上海・広州・深セン・杭州は大企業が林立し、技術研究開発者を大量に雇い入れるが、各産業は目下『インターネットプラス』を模索中で、二線都市では科学技術やインターネットの技術研究開発ニーズが日に日に増大している。武漢などは科学技術革新企業により手厚い補助金と優遇条件を提供しているため、北京・上海・広州・深セン・杭州のネット企業や人材が次々に呼び込まれて武漢に移り住んでいる」。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年7月12日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved