2017年7月の映画新作(ニ)

print

【国産編】

悟空伝(Wukong)

公開日:2017年7月13日

監督:郭子健(デレク・クォック)

主演:彭于晏(エディ ・ポン) 倪妮(ニー・ニー) 余文楽(ショーン・ユー)


「斉天大聖」になる前の、暴れん坊の孫悟空を主人公にした人気ネット小説『悟空伝』が遂に映画化決定!今何在が執筆し2000年に発表された同小説の内容は、名作『西遊記』とは全く異なるもので、現代人の恋愛観などを西遊記の登場人物を借りて表現するという独特な視点により、当時大きな話題となりました。『西遊記』に欠かせないファンタジーの要素も多いですが、女性キャラクターとの恋愛模様も中心に描かれ、これまでの孫悟空映画とは一味違う作品として大きく期待されています。監督は、日本でも紹介された『燃えよ!じじぃドラゴン』や『全力スマッシュ』などの郭子健(デレク・クォック)。孫悟空役に抜てきされたのはイケメン俳優の彭于晏(エディ ・ポン)。ヒロインを演じたのは、張芸謀(チャン・イーモウ)作品でも知られる倪妮(ニー・ニー)、そして、悟空の宿敵、楊戬(二郎神)役は、香港の余文楽(ショーン・ユー)です。


大護法

公開日:2017年7月13日

監督:不思凡


2015年の『大聖帰来』、2016年の『大魚海棠』に続き、今年最も期待されている中国国産アニメ『大護法』が7月13日に公開決定!中国では子ども向けのイメージが強いアニメ作品ですが、本作は、暴力やスプラッターといったR指定級の映像が含まれるなど、大人向けの1本として公開前から注目を集めています。中国古代の奕衛国に仕える「大護法」(国を守るヒーロー)が行方不明の太子を探すため、ピーナッツの形の生物「ピーナッツ人」が暮らす神秘的な村に迷い込み、冒険を繰り広げていくストーリーです。暴力表現を前面に押し出した異色の作品であることから、公開が難しいとみられていた本作。公開後の反応が気になります。


(ミン・イヒョウ 謙)

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved