中国電影博物館

print

中国はインドと並ぶ映画大国です。年間300本以上が製作され、外国での上映の機会も増えています。「紅いコーリャン(中国語名:紅高梁)」「初恋の来た道(我的父親母親)」「心の湯(洗澡)」「山の郵便配達(那山那人那狗)」といった作品は日本でも評判を呼びました。最近では高倉健さんが出演した中日の合作映画「単騎千里を走る」も作られました。


そんな映画の国にふさわしい博物館、中国電影博物館が2月10日に北京にオープンしました。ちなみに電影は中国で映画のこと。今回の「博物館めぐり」は映画の旅に出かけましょう。


博物館はアジア最大規模という触れ込みです。映画博物館が必要だと声をあげたのは、1958年、時の周恩来総理だったのです。しかし、具体化したのは改革開放政策が始まってからで、2002年に着工され、建物は3年がかりで完成し、一年の準備時間を経てオープンにこぎつけたわけです。


世界で初めて映画が上映されたのは1895年のフランスです。一方、中国で初の無声映画が作られたのは1905年ですから、この博物館は中国映画100年の歴史を反映しているともいえます。




展示室は一階から五階まで20のコーナーに分かれており、単純に見学通路を足し算すると3キロ近くになります。弁公室の宣伝担当の宋麗チンさんによると、ゆっくり歩いていたら軽く半日を費やしてしまうとのことです。


中国初の映画の名は「定軍山」といい、京劇を題材にしたものでした。この撮影風景の模型のある部屋から、見学はスタートします。これまで話題を呼んだ映画のポスター、脚本などの資料が並べられ、映画を通じた中国社会の歴史を見ることができます。




日本との関わりでいえば、満州映画撮影所・満映で活躍した俳優やカメラマン、技師らの活動ぶりもきちんと紹介されています。また山田洋次監督や高倉健、栗原小巻、中野良子さんらの寄せ書きも見つけました。作品の歴史だけではなく、アニメや特殊撮影の紹介、そして香港や台湾地区の映画事情も分る展示構成です。



全館バリアフリー、各コーナーに休息用のイスが置かれるなど、これまでの中国の博物館にはない行き届いた配慮があります。そして、大劇場では3Dの画面で、映画が楽しめます。


所在地:北京市朝陽区南影路9号

電話:010ー64319548

ホームページ:www.cnfm.org.cn

北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved