万里長城の影に隠れる――古北水鎮で水と戯れよう

print


司馬台長城の下には美しい町があって、城壁の影に隠れて静かに佇む町の名は古北水鎮。北京市密雲区に位置するこの町、昔は軍事急所だった。しかし今はその風貌を一変し、素敵な観光名所になった。



ここで万里長城の夕焼けを見るのが定番のひとつ。昼間は小船で町の水路を回り、美味しい地方料理を官能し、獅子舞や中国の伝統雑技を見て、美しい夕焼けの後、古北水鎮は夜の顔を見せる。




風景を楽しむだけではなく、ここではいろいろな見学をできる。町には数多くの店が存在する。酒屋、凧屋、切り紙を専門に扱う老舗などバラエティーに富んだ経験ができる。



中国北部にある古北水鎮には江南を感じさせる風情があり、そして万里の長城は少し北方民族の硬さを残している。両面の中国を楽しめるっていう感じはいかがですか。どうか一度足を運んでみてください。


場所:

京承高速道路承徳方向の24番出口を出るとすぐ。






青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved