中国の最新流行語を学びやがれ、丧文化&杯水车薪

print

ちょっと気になる

丧文化(sàng wénhuà)



意味

一部の1990年代生まれの若者の間で流行っている退廃的で、絶望と悲観的な情緒とカラーを持つ言葉、文字と絵画を指します。これは1つの新しいサブカルチャーになっています。「丧文化」が生まれ、流行っているということは若者の新しい時代での不安やストレスなどを表しているとされています。


コメント

「丧文化」の流行を上の世代は心配していますが、実は「丧」に対する理解は「90後」世代と上の世代の間で微妙に差があります。最も違うところは「丧」は消極的でもなく、絶望でもないところです。彼らの間で「丧」は自嘲やストレス解消の手段にすぎません。

「丧文化」の裏には社会の奥深い部分が関係しているのは確かです。それは中国社会の近代化には原因があるかもしれません。近代化が進む中で、若者たちが孤独感や無力感などを感じて、「丧」の形で表しているかもしれません。


キーワード

杯水车薪(bēishuǐchēxīn)焼石に水


意味

「杯水」は杯一ぱいの水。「車薪」は車一台分の薪。わずか杯一ぱいの水で、燃えている車一台分の薪を救おうとする意から、努力や援助がごくわずかで、なんの役にも立たないことを指します。

日本語では、焼石に水の意味になります。

複合文や述語、目的語などとして使われます。

由来

『孟子』由来の言葉。

昔、樵(きこり)が柴を刈ってきて、柴を積んだ車を茶館の前に停めました。茶館に入って一杯のお茶を飲もうとすると、外から「大変だ!火事だ。柴が燃えている」と叫んでいるを聴いて、慌ててお茶を手に外に出ました。無意識にお茶を火にかけました。また、中に戻って杯一杯の水を入れ、火を消そうとしたら、柴が全部燃えてしまいました。

その後、「杯水车薪」は努力や援助がごくわずかで、なんの役にも立たないことを指すようになったのです。

使い方

高温肆虐,阵雨只是"杯水车薪"。

高温の危機に、にわか雨は焼石に水だ。

=高温危機ににわか雨は、役に立たない。

这些投资虽然是杯水车薪,但可以解燃眉之急。

これら投資は焼石に水だが、差し迫った事態を緩和することができる。

烧外汇储备保汇率纯属杯水车薪。

外貨準備金をつぎ込み、為替レートを維持することは焼石に水だ。

环保投入不可杯水车薪。

環境保護への(資金)投入は焼石に水(の量)にしてはならない。

=十分な資金投入をするべきだ。

车位杯水车薪,汽车无奈占领人行道。

駐車スペースが極めて足りないため、自動車を仕方がなく歩道に止めた。


「中国国際放送局」より

北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved