北京石刻芸術博物館、寺めぐりも「石刻」に要注意~

print

北京動物園の裏、つまり北側には幅10メートルほどの川が流れています。高層ビルが立ち並ぶ北京の街を車だけで移動していると気づきませんが、歩いてみると、ホットするこのような場所が見つかります。春らんまんのいま、人々は川べりで糸を垂れ、魚釣りを楽しんでいます。




この川、実は頤和園から流れ出ているもので、川沿いには10以上のお寺がありました。しかし、いまはごくわずか、真覚寺は数ない一つです。地図を見ても、なかなか捜しにくいのが、逆に魅力かもしれません。

真覚寺は明代、永楽年間に建てられたラマ教のお寺で、中央部分に5つの塔を有するお堂が作られました。このため、五塔寺の名で親しまれ、今日に至っています。




北京石刻芸術博物館は、この寺の敷地を利用して1987年に設けられました。改革開放の初期のころで、北京は大規模な都市改造があちこちで行われていました。一方で、遺跡、古い町並み、家の玄関の門といったものが壊されていく時代でもありました。こうしたものを残すためにも、この博物館は作られたのです。




中国では文章だけ刻まれた記念碑、仏像、門の台座、お墓、動物の彫刻などをすべて石刻芸術と呼んでいます。お墓に行くと石造りのトラ、ゾウ、ラクダなどが並んでいるのを見たことがあると思います。明の13陵にいった方なら、お分かりですね。

橋のらんかんの彫り物。故宮を散歩する時、注意してみてください。胡同の入り口、門の西側に彫り物が置いてあることもあります。清の時代に盛んになったそうです。

北京の街を歩きながら、一つ一つの「石刻」をチェックするのはいいアイディアかもしれません。


(文:吉田明)

所在地:北京市白石橋路24号

電話:010ー62173543


「中国国際放送局」より

北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved