中華世紀壇を巡ろう

print


北京には「壇」と名付けられたところがたくさんあります。天壇公園、日壇公園などは、いまでもたくさんの観光客を引きつけています。「壇」とは、皇帝が祠りごと、祭司をつかさどる場所でした。政治の安定を願い、その年の豊作を祈る特別のところでした。

21世紀になって、新しく北京に「中華世紀壇」が作られました。「中華世紀壇・世界芸術館」と名付けられたこの施設を、今回は訪ねてみましょう。

地下鉄1号線、軍事博物館の北側ですから、とても分かりやすいところにあります。大きな日時計が見えてきました。円形の「壇」は階段式になっていて、何やら儀式を行うにはふさわしいようです。しかし、博物館はどこにあるのでしょう。壇の周りを一周して、やっと「世界芸術館」の入り口にたどりつきました。どうして、こんな施設ができたのでしょう。



広報責任者の石京生さんによりますと、世紀壇は21世紀を迎えるために作られたそうです。新世紀に向けてのカウントダウンもここで行われました。展覧ホールはこれといったテーマはなく、2006年に世界芸術館と名付けられたのです。



副館長の馮光生さんが続けて説明してくれました。「中国には2000カ所ぐらいの博物館や記念館がありますが、外国の文明・文化の紹介を主眼としているのはここだけです。独自の収蔵品は持たず、その都度、外国との交流により展覧会を開いているのです。」



<INFO>

所在地:北京市復興路甲9号

電話:010-84187900

ホームページ:www.worldartmuseum.cn


「中国国際放送局」より

青龍峡観光リゾート

ランキング

三里屯 国際色豊かな北京最大のBarストリート

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved