茶館でお買い物?最新の北京デザイナーズショップを見て見よう

print

2010年、中国伝統の陰陽五行をコンセプトに、北京の古い住宅地胡同に「吾号茶館(WUHAO)」という店がオープンした。店は二階あって、一階は本場中国茶が愉しめる茶室で、二階はオリジナルのデザイン商品を販売している。




実は「吾号」というブランドがあって、いくつかの店も展開している。Wallpaper誌に「中国に行く20個の理由」の一つにも選ばれるこの店は、中国だけではなく、世界のいいデザイン商品も展示している。金、木、水、火、土という五つの元素を元に、シーズンごとに店の内装や陳列を変わる。




「吾号茶館」は「吾号」の系列店の一つで、お茶を飲みながらコミュニケーションも取ることのできる空間として、人気上昇中の店だ。しかも二階の商品は高価のものだけではなく、手頃の価額でも買える面白い雑貨もいっぱいある。どれも「吾号」と契約したデザイナーが設計したもので、その中にもまた中国の陰陽五行のエレメントを取り入れた商品が多い。お土産としてもお薦める。




<INFO>

ホームページ:http://www.wuhaoonline.com/project/wuhao-the-teahouse/?lang=zh-hans

場所:北京東城区帽儿胡同35号



北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved