北京の什刹海後海にある「宋慶齢故居」

1496813989

宋慶齢故居は北京の風光明媚な什刹海後海の北沿いにある。門前では水と空が互いに映え、さざ波が打ち寄せ、岸辺の柳が軽やかに舞っている。庭園には回廊が張りめぐらされ、楼や堂、あずまや、高殿などが立ち並ぶ。回流する清水、連山、緑豊かな古木、咲き乱れる花々、非常に典雅で静寂に包まれた庭園だ。



敷地面積は約2万平方メートルで、建築面積は5000平方メートル余り。もともとは清朝最後の皇帝である溥儀の父親、醇親王載澧の邸宅で、西花園とも呼ばれている。



新中国成立後、党と政府は宋慶齢のために北京に住まいを造ることにしたが、彼女は何度も断ってきた。そこで1962年、周恩来総理は党と政府の委託を受けて、この花園を改修して宋慶齢の住まいにすることを自ら計画。従来の建築物の西側に、西洋の風格を採り入れた2階建ての住居を建設した。



宋慶齢は1963年4月に移り住み、1981年5月29日になくなるまで18年もの間、ここで仕事をし、生活をした。現在、旧居を利用して、全国で収集した文物や資料が「宋慶齢同志の生涯展」として展示されている。


<INFO>

アドレス:北京市西城区後海北沿46号

アクセス:バス55番に乗り徳勝門で下車後、後海の北沿いを東に。5、815、819、834、734番に乗り果子市で下車後、後海沿いに狭い道を南に。

開館時間:9:00——17:30(4月1日~10月31日)

     9:00——16:00(11月1日~3月30日)

入場料: 大人20元、学生5元

公式サイト:http://www.sql.org.cn/


「チャイナネット」おり

チャイナネット

おすすめ

このサイトについて|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved