毎年恒例、中国中秋節の月餅商戦スタート

print

中秋節(旧暦8月15日、今年は10月4日)までまだ1ヶ月近くもあるにもかかわらず、中秋節の食べ物の主役である月餅の市場シェア争奪戦が早くもスタートしている。今年の月餅市場で最も人々の関心を集めているのは、法外な価格や豪華な包装ではなく、「麻辣牛肉絲(牛肉細切りのピリ辛炒め)」や「ドリアン」、「車エビ」、「チーズ」などを餡にした月餅だ。これらの「奇抜な」味の月餅の売上はまあまあといったところで、伝統的な味の月餅を好む市民のほうが多いようだ。北京晨報が伝えた。

複数の大型スーパーの店員は、「数日前から、贈答用の月餅を買いに来る客がぐんと増えている。企業や団体がまとめて購入するケースが多く、それらはほとんど贈答用の詰め合わせで、個人客が買っていくのはバラ売りの月餅が多い」と話す。今年販売されている月餅は、「小豆」や「ハスの実」、「ナツメ」、「五仁(5種類のナッツ)」などを餡にした伝統的な月餅が中心だが、「奇抜」路線の月餅も目につく。これらの「奇抜」な味の月餅には、「麻辣牛肉絲(牛肉細切りのピリ辛炒め)」、「ドリアン」、「車エビ」、「チーズ」などを餡として用いている。このほかにも、「チーズとカスタードクリーム」、「ドリアンとチーズ」、「塩漬け卵黄」、「とろとろクリーム」、「燕の巣」、「チーズ」、「カスタードクリーム」などを餡にした香港風の月餅も人気が高い。

しかし、販売員は、「現在の販売状況をみるかぎり、伝統的な味の月餅の人気がやはり高い。特に、卵黄とハスの実や小豆の餡の月餅の人気は抜群で、老舗ブランドの売れ行きが好調だ」と話す。

また、微博(ウェイボー)上で評判になっている「ネット人気月餅」も、すでに売上を伸ばし始めている。例えば、上海の「ザリガニ月餅」や「蟹ミソと豚肉月餅」は、北京では購入できる店がないため、一部オンラインショップでのみ入手可能となっている。このようなオンラインショップで販売されている月餅の単価は30-60元(約490-980円)となっているが、「ネット人気月餅」を注文する人はそれほど多くはなく、売れている店はごく一部だ。ユーザーの評価も、「試しに買ってみた」や「やはり伝統的な味の月餅の方が美味しい」というものが多いようだ。(編集KM)


「人民網日本語版」2017年8月28日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved