故宮・暢音閣戯曲館、嵩上げ改造が終盤に

print

9月11日、北京故宮博物院の暢音閣戯曲館の嵩上げ改造が終盤に突入した。戯曲館は9月19日に常設会場として暢音閣、閲是楼にお目見えする。暢音閣戯曲館は乾隆帝が老後生活のために建てた太上皇宮にあり、暢音閣(舞台)、扮戯楼(控え室)、閲是楼(観客席)からなる清代宮廷の大劇院に生まれ変わる。



今回の戯曲館の嵩上げ改造は、宮廷戯曲の独特性を強調し、暢音閣の「大劇院」の特徴を際立たせることが目的。新たな見学ルートが設計されたことにより、扮戯楼が公開され、3つの空間が繋がり、観客は劇場の全貌を見られるようになる。9月、故宮博物院の展示活動は再び黄金期に入り、博物院はより豊富な形式で故宮文化を一般に伝える。


「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年9月12日

北京っ子に愛されるソウルドリンク、「北冰洋」

ランキング

北京「老回回軽食店」、超人気の民族料理が朝から腹いっぱいになる

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved