メニューがない店、北京・「梅府家宴」で芸術に浸りながらおいしい料理を!

print

長い歴史を持つ北京市、その重厚な歴史から多くの「隠れや」的な店がたくさんあります。今回はおいしい料理が食べられるかつ芸術も楽しめる「梅府家宴」という店を紹介します。




2003年にオープンしたこの店は中国京劇の巨匠ーー梅蘭芳先生の生前にまつわる料理を提供します。店にはメニューがなく、シェフが季節や天気、お客様の好みでオーダメイドな料理を作ります。また、書の先生が伝統の赤い紙に本日のメニューを書き、お客さんにプレゼントとして送ります。





店内には梅蘭芳先生に関するインテリアがたくさんあります。京劇の服装や写真の一つ一つも物語があり、食事が済ましたらスタッフさんが丁寧にその歴史を教えてくれます。レストランにある建物ももともとは清の王族の私邸で、庭に植えている棗の木は260年の歴史もあります。



帰りの際、梅蘭芳先生が書いた梅の絵が印刷された扇子ももらえます。興味のある方はぜひ一度足を運んできてください。


※こちらのレストランに行くには必ず予約が必要、最低でも一日前に予約してください。

 コースは500/800/1000/1200/1500/1800/2000-3000元から選べられます(ドリンク代を除く)

 10%のサービス料が必要。


<INFO>

場所:北京西城区什刹海大翔凤胡同11号

TEL:66126845、66126847

公式サイト:http://www.meifujiayan.com/



北京のおしゃれ雑貨店を巡る旅——あなたの一期一会を見つけよう

ランキング

お土産に悩むときは茶菓子で解決!

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved