チベットの世界文化遺産・「ポタラ宮」

print

チベットが誇る建築であるポタラ宮とその周辺の建造物が世界遺産(文化遺産)に登録されたのは1994年の事です。チベット自治区のラサ市からはその後、2000年にトゥルナン寺(大昭寺)が、2001年にはノルブリンカが、世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」の一部として、それぞれ追加登録されました。



ポタラ宮は標高3700メートル以上の紅山の斜面から山頂にかけてそびえ立っています。白宮と紅宮および付属建築からなり、チベット仏教と歴代の行政統治における中心的存在です。

トゥルナン寺はチベット仏教徒にとっての、巡礼の最終目的地です。堂内には、唐王朝の文成公主が故郷からチベットに持ち込んだという、黄金の釈迦牟尼像が安置されています。

ノルブリンカはチベット語で「宝物の園」という意味です。ここは歴代のダライ・ラマの夏の離宮であると同時に、チベット庭園芸術の傑作とも言える場所で、現在は公園として人々の憩いの場所となっています。(非、謙)


「中国国際放送局」より

北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved