北京にアジア最大の機内食センターが着工

print

中国建築一局有限公司は11日、アジア最大の機内食センターとなる北京新空港南方航空基地航空食品施設の建設を正式に開始したと発表した。

北京新空港南方航空基地航空食品施設の建設事業責任者によると、南方航空北京新空港機内食センターの計画建築面積は6万8000平方メートルで、機内食センター、航空用食品業務、事務施設、その他付帯施設が含まれる。同施設は、北京新空港を発着する中国南方航空傘下と同社が代理する航空会社のフライトに対し、機内食などのサービスを提供する。計画では、1日当たりの生産能力の目標を6万5000食とし、ピーク時には10万食を生産する。


新華網北京10月12日(記者/米尭、斉中熙)

「新華社」より

北京富山国際ホステル

ランキング

中国茶で美肌になる、茶葉美容法

 

個人情報|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2017 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved